はじめまして、星野鍼灸接骨院院長の星野です。

慢性的な腰痛といえば、椎間板ヘルニアを代表とする軟骨や骨・関節の疾患を思い浮かべる人がとても多いです。

 

当院でも椎間板ヘルニアと診断され慢性的な腰痛があり来院される患者さんが多く、来院される方の症状トップ10に入ります。

 

痛み止めや湿布をしているがあまり変わらない、腰痛だけでなく足のしびれが出てきたという日々の悩み。

 

当院では、快適に生活するための体づくりと、椎間板ヘルニアへの不安を少しでもなくすためのセルフケアなどの方法をお伝えしています。

 

そのようなヘルニアの慢性的な腰痛に対する当院の治療方針をまとめましたのでじっくりとお読みください。

 

腰痛で手術になることを予防したい方にも参考になれば幸いです。

 

そもそもヘルニアとは?

腰痛になる疾患で多く診断されるのが椎間板ヘルニアです。

 

ヘルニアは飛び出すという意味で、椎間板ヘルニアは背骨と背骨の間にある椎間板からゼリー状の髄核が飛び出してしまう状態を言います。

 

背骨は椎骨という24個の骨が繋がっていてそれぞれの間に椎間板という軟骨があり、運動する際のクッションの役目を果たしています。

 

腰痛で診断される椎間板ヘルニアは背骨の一番下の第5腰椎や第4腰椎の椎間板にヘルニアが多く見られます。

 

日々進歩するヘルニアについての研究

今まで、腰痛は原因がわかっていないものがほとんどで、原因を究明するためにMRIでの診断が必要でした。

 

画像診断で椎間板から飛び出した髄核があると、椎間板ヘルニアとして背骨を通っている神経を圧迫して腰痛になると診断されてきました。

 

レントゲンで背骨の間が狭くなっていても椎間板ヘルニアを疑うことがありますが、軟骨は映らないため確定はできません。

 

世界的な腰痛の研究で椎間板ヘルニアがあっても腰痛の原因では無いことが多く発表されていて、最近では日本の整形外科学会でも同じ方針になっており、よほどの疑いがない限り画像診断を行わないとされるようになりました。

 

ヘルニアが原因と言われた腰痛は、痛みの記憶が原因?

最近の研究で、WHO(世界保健機構)では、ヘルニアは腰痛の原因ではなく、脳の働きが低下して、痛みを強く記憶していることが要因だと解明されつつあります。

 

個人的な意見ではなく、科学的な裏付けがあり、腰痛に関して日本の医学界より約20年進んでいる西洋の研究論文に基づいています。

 

世界腰痛学会で「ボルボ賞」を受賞した論文も参考に載せておきます。


「椎間板ヘルニア=痛みではない」椎間板ヘルニア受賞論文

★椎間板ヘルニアと診断された重度の腰椎および下肢の痛みを伴う46人の患者と、MRI、健康な被験者によって年齢、性別、職業などが一致する46人の健康な被験者の腰椎椎間板を比較した結果椎間板ヘルニアは76%の症例で確認され、椎間板の変性は85%で確認されました。

出典:http://1.usa.gov/iN3oKG

上記の論文を要約すると、まったく痛みのない方でも 多くの方にヘルニアがあり、その割合は約76%という統計データがあります。

 

また、ヘルニアで手術が必要だと言われた患者さんに、プラセボ手術(全身麻酔をして手術をしたと思わせる)をするグループと、実際に手術をしたグループとの痛みの治癒率は、どちらもほぼ変わりはありません、という事です。

 

この論文から分かるように、痛みが無い方でも、約76%の方にヘルニアがあり、手術をしてもしなくてもほとんど痛みの治癒率が変わらないということが わかってきているにも関わらず、ヘルニアが諸悪の権化のような扱いです。

 

もちろん、中には本当にヘルニアで症状が出ている方もいますので、その場合はきちんとした治療が必要になります。

 

ただし、ヘルニアを手術して取り除いても、ヘルニアが出た原因を解消するわけではありません。

 

ヘルニアの施術には背骨のバランスを整えて、しっかりと身体が動く状態にして、腰に負担がかからない動作を獲得していく必要があります。

 

当院の椎間板ヘルニアの治療

①各種検査

 

整体に必要な、各種検査を行なっていきます。

 

それぞれの検査により、身体の歪みと神経や筋肉の状態をしっかり診ていきます。

姿勢撮影検査

荷重負荷検査


整形外科的検査

関節可動域検査


②整体

検査結果をもとに、体に適切な刺激量を調整し、カイロプラクティックやオステオパシーと鍼や指圧などを融合させた当院独自の整体で、無理なく動けて体が安定して立てるよう整えて行きます。  

 

無理やりボキボキするのではなく、身体にとって負担の少ない軽い刺激で整えていきます。

 

足や手を軽く動かしたり、軽いストレッチのように伸ばしたり、ツボを軽く押さえたりするだけで、全身が整ってきます。

 

 

整体は長くても15分以内に終わるので、患者さんに「はじめは物足りない感じがしたけど身体が変化するのが不思議」と言われることがあります。

 

③整体後の検査

 

整体によって、しっかり身体が改善しているのかをチェックします。

 

整体前の検査と同じように、姿勢が改善して、きちんと体が動けるようになったかを診ていきます。

④日常生活でのアドバイス

 

身体がどういう状態なのかをあなた自身も把握することにより、普段の生活のなかで少し気をつけるだけで歪みを出にくくすることができます。

 

姿勢を整えるために簡単にできるポイントをアドバイスさせていただいています。

 

アドバイスによりセルフケアもできるようになり、自分でも腰痛の管理ができるようになります。

 

また、ヘルニアでない内科疾患などでも腰痛が出ることがあります。

 

内科疾患の中にはガンや胃潰瘍、膀胱炎や腎炎など病院での治療が必要な場合があります。

 

検査により当院での施術適応外であれば専門の医療機関をご紹介させていただいています。

 

中学生の時に整体通い

実は私自身も小学生の時に腰を傷めてしまい、中学生の頃には学校を休むほどで、鍼灸師である父親の鍼治療に加えて、香川県まで整体の治療に通っていました。

 

今は、ストレッチや体操で腰のケアをして、ほとんど痛みが出ることなく仕事をしています。

 

また、定期的に鍼治療を受けたり、脊椎や骨盤を整える整体をしているので、姿勢も悪くならず、毎日30人ほどの治療もこなすことができています。

 

私のようにもともと腰痛を経験した方で、今でも悩んでいる方はたくさんいます。

 

実は大事な足の指

ヘルニアが出てくるのは、身体の使い方によって姿勢が悪くなったり、ひざや足の筋力の影響もあります。

 

そんな中、当院で一番重要視しているのは、足の指です。

 

唯一地面に接地する足の裏がしっかりと身体を支えてくれるには、足の指の踏ん張りがとても重要になります。

 

実は、足の指も手の指と同じくらいしっかり握れるようにできています。

 

腰の痛みのある方は、この足の指があまり曲がらず、そのことに気が付いていない方も多いです。

 

まずは、足指をきちんと使えるようにして、身体をしっかりと支えられる状態にしていくことが大事です。

 

あなたにまずやってほしいこと

痛みの記憶は、実は自身のケガの経験からだけではありません。

 

「腰痛はこういうものだ」

「テレビでこういっていた」

「安静が一番いい」

など、ヘルニアには悪いイメージの言葉しか出てきません。

 

大事なのは、

『こうすればよくなった』

『あの人も治ったよ』

『これだけの運動ができるよ』

『今日はここが良くなった』

といった、 身体にいい情報や、よいイメージを積極的に取り入れることです。

 

ヒトの脳は、答えを探し続けるという性質があります。

 

よいイメージを持つと、そのことに対していろいろな情報を集めていき、そのイメージに合った身体に変わってきます。

 

まずは、ヘルニアが原因と言われた腰痛は良くなるということを覚えておいてくださいね。

 

椎間板ヘルニアでお困りの方は1度ご相談ください。

 

-----------------

【星野鍼灸接骨院付属】

整体マッサージ師も通う「今治骨盤・骨格ケアラボ」

 

0898-35-2408

「ホームページを見て・・」とお電話ください。

 

星野鍼灸接骨院のクチコミはこちらをご覧ください

 

受付時間

平日 8:00~12:00 16:00~20:00

土曜 8:00~13:00

お休み 土曜午後・日曜・祝日

Google+