失敗しないダイエットのために必要なこと③ ~糖質自体のまちがった知識

パンも糖質です

おはようございます。

今治骨盤矯正ラボ院長の星野です。

 

今日はダイエットに必要なこと第3弾。

『糖質自体のまちがった知識』についてです。

 

糖質の説明は、以前のブログをご覧ください。

糖質と糖類の違い~失敗しないダイエットのために必要なこと

 

さて、今日の本題。

 

まちがったダイエットに多い、

○○○○○○○○○○○○○←ここ、重要ですね。

について説明します(笑)

 

糖質はエネルギーになることはご存知だと思います。

その他の糖質についてよく言われていることは

  1. 脳の唯一のエネルギー源
  2. 血糖値を上げる
  3. 血糖値を上げることにより満腹になる

などがあります。

 

一つずつ説明しますね。

 

①脳の唯一の栄養素

こういわれることが多いですが、

脳に行くエネルギー源は糖質だけではないです。

脳に行く栄養は、ケトン体もあります。

ケトン体は、脂肪や筋肉から作られる

糖の代わりになるエネルギー源。

筋肉や脂肪から作られるので、糖質が不足すると

自分でエネルギーを作ることができます。

 

②血糖値を上げる

間違いなく血糖値は上がります(笑)

その上がった血糖値は、エネルギーになりますが

エネルギーとして使われなかったものは

どうなるでしょうか??

 

使われなかった血糖はインスリンというホルモンの作用で

血糖値を下げてくれます。

血液から糖質を取り除いて血糖値が下がるのですが

その糖質はどこに行くのでしょうか??

 

実は、取り除かれた糖質は、脂肪として蓄えられます。

そして脂肪になる際、水分と結合して脂肪になります。

1グラムの糖質は2グラムの水分と結合して

脂肪になるといわれています。

1グラムの糖が余ると体重が3グラム増える計算です。

 

③血糖値を上げることにより満腹になる

血糖値が上がると満腹中枢が刺激され、おなかが

いっぱいになります。

 

じゃあ、糖質を食べないと満腹にならないのか??

 

そんなことはありません。

満腹になるのは血糖値の急上昇によるものと、

胃粘膜の拡張によるものがあります。

 

突然ですが、問題です。

 

胃粘膜の拡張による満腹感と、血糖値の上昇による

満腹感では、どちらが空腹になるのが早いでしょうか??

 

答えは、

血糖値の上昇によるものです。

糖質を食べている人は血糖値が常に上昇したり

下降したりします。

下降することにより、空腹感が出てくるのですが、

この空腹感は糖質の中毒症状と相乗効果で、

ものすごく強くなります。

 

食事の後の、別腹を考えてみてください。

 

おなかがいっぱいで、お肉が出てきても入りませんが

デザートは入りますよね?

それが、糖質の空腹感、糖質中毒症状です。

 

まちがったダイエットに多い、

『血糖値を上げることで満腹中枢を刺激して、

早く満腹感を出して食べる量を少なくすることが、

逆に空腹感を増す結果になる』

ということです。←ここ、重要ですね。

 

さて、今回は長くなりましたね。

次回は、『糖質と太ること』についてです。

-----------------

【星野鍼灸接骨院付属】

整体マッサージ師も通う「今治骨盤矯正ラボ」

 

0898-35-2408

「ホームページを見て・・」とお電話ください。

 

今治市【整体マッサージ師からも紹介される】星野鍼灸接骨院のホームページはこちら

 

受付時間

平日 8:00~12:00 16:00~20:00

土曜 8:00~13:00

お休み 土曜午後・日曜・祝日

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

Google+

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。